今、日本には海外口座の口座難民が激増しています

HSBC

ブローカー的な人に誘われて海外口座を持ったけれど、その後ほったからし。

香港

家族が亡くなったときに海外口座の存在を知った。どうすればいいのだろうか。

シンガポール

海外の銀行から色んな書類が郵送されてくるが一体どういう状況なのだろうか。

スイス

言葉も通じない国の海外口座をこのまま保有し続けてもいいのだろうか。

このまま「海外口座をほったらかし」でいいですか?

海外銀行口座は基本的に管理手数料がかかっています。

そんな国で口座を保有する意味があるのでしょうか?

海外銀行口座を斡旋する業者さんが多数いるためか、いま多くの人が海外に銀行口座を保有しています。
距離的なこともあり、香港やシンガポールで銀行口座を保有して金融資産への投資を行っているケースが多いかもしれません。
「日本の金融総品よりもキャッシュが増える」等の理由でしょうが、言葉も通じない上にほとんど行くこともない国に金融資産が蓄積されたとしても、それは本当にあなたのためになっているのでしょうか?
現地の税制や投資商品の詳細も分かる術がない状態で、甘い言葉で誘われるがままに大事なお金を海外で放置していてもいいのですか?
状況が分からない不安が募りますし、相続時のトラブルも頻発しています。これらを打開するための策もなく、誰を信用していいか分からない。こういった口座難民の方が非常に増えています。
我々はWBSで培った海外ネットワークを生かして、一人一人の財産を保全するお手伝いをしています。

海外口座難民を助ける「WBS」

ページの先頭へ